投稿日:

パーソナライゼーションとは?アプリ制作で重要な技術と戦略を解説

マーケティングでの『パーソナライゼーション』とは、どのようなことを指すのでしょうか?パーソナライゼーションによって、利益の拡大につながったり、新しいサービスやコンテンツを生み出したりすることが期待できます。

 

この記事では、パーソナライゼーションの意味と、アプリ制作でのパーソナライゼーションの重要性についてお伝えします。

 

パーソナライゼーションとは?        

 

パーソナライゼーションとは、ユーザーのWEB観覧履歴、購入したもの、問い合わせ内容などから、ユーザーの好みを分析します。こうして分析したユーザーの好みから、コンテンツや商品、機能や経験を自動的に提供しようとする技術あるいは戦略のことを指します。

 

たとえば、わたしたちは家族や恋人、仲の良い友人との会話や持ち物、ファッション、好きな食べ物などを熟知しています。さまざまな情報から、その人たちが「好きなもの」「興味があるもの」をなんと把握しています。もし、その人に何かプレゼントすることになったら、その人が欲しいものや喜ぶものを選ぶことができるでしょう。

 

言い換えるならば、パーソナライゼーションは親しい人に代わって、その人が求めている情報や興味がある情報を提供してくれるようなものなのです。

 

身近な代表的なケースでは、Amazonの“あなたへのおすすめ”ではないでしょうか。自分の好きなジャンルの本を紹介してくれたり、気になっている本のタイムセール情報を提供してくれたりしますよね。

 

Amazonのあなたへのおすすめから商品を購入したことがある人も多いでしょう。

 

これは『リコメンデーション』とよばれるもので、過去の購入履歴や、検索した商品履歴をもとに、ユーザーの趣味嗜好、興味がある商品をおすすめしてくれるのです。

 

本来であれば、自分で時間をかけて調べる必要があります。ただし、情報過多の現代では、自分が好きなものや欲しいものをみつけることが非常に困難です。

 

しかし、リコメンデーションにより、そのような手間は必要ありません。ユーザーは手間をかけることなく、自分と親和性高い商品や情報が提供されることによって、Amazonを信頼し積極的に利用をするようになるのです。

 

パーソナライゼーション行うことによって、結果的にユーザーとの結びつきを強め、エンゲージメントやロイヤリティの拡大も期待できます。またユーザー側にとっても、パーソナライゼーションによって、利便性が高くなるというメリットが得られます。

 

アプリ制作におけるパーソナライゼーションの重要性

 

パーソナライズされれば、ユーザーが求めているコンテンツや経験、機能が提供されます。ユーザーの情報から、ニーズを洗い出したり、ニーズをみつけたりすることによって、サービスやコンテンツを新しく生み出すチャンスも広がります。

 

企業にとって、パーソナライゼーションには、エンゲージメントやロイヤリティの拡大が期待できるでしょう。

 

また、パーソナライゼーションは、“ユーザーがどのような情報を求めているのか”を理解できる点でもメリットが大きいのです。マーケティングの戦略において、アプリ制作にパーソナライゼーションによって左右されるといっても過言ではないでしょう。

 

パーソナライゼーションを取り入れたマーケティングの計画には、4つの対象について理解しておく必要があります。

 

・コンテンツをもとにしたパーソナライゼーション

 

SNSで、パーソナライズする場合は留意が必要です。コンテンツのパーソナライズが不十分なままで、オートメーション化をしてしまいがちだからです。その結果、ユーザーにとっては、スパムや悪徳な会社であると判断されてしまう恐れがあるのです。

 

プロフィールの精査、タイミングとレスポンスの見極めをしっかり行ったうえで、パーソナライズをしていきましょう。

 

・設定したペルソナパーソナライゼーション

情報が多ければ多いほど、より精密なパーソナライゼーションが実現します。

売上高、社員数、業種などのオンライン情報や、デジタルボディランゲージなどの多角的な視野でペルソナを随時、設定し直していきましょう。

 

リードナーチャリングを行っていくにはペルソナが望むコンテンツを見つけだす、情報を精査して選定していくことが重要です。

 

・バイヤージャーニー(カスタマージャーニー)

バイヤージャーニーのステージに合ったパーソナライズが消費を促すといわれています。顧客か元顧客か、見込み客かなど、バイヤージャーニーのステージを見極めていくことが重要です。

 

設定したペルソナと結びつけ、最適なコンテンツを提供していきましょう。

 

・想定ペルソナが利用するデバイス

デバイスに応じてコンテンツを最適化していくことは非常に重要です。なぜなら、操作性が悪かったり、文字が読みにくかったりたなどの、ストレスを感じたユーザーはコンテンツから離脱してしまうからです。

 

Flash動画はiPhoneでは再生できなかったり、スマートフォン向けのサイトはパソコンのブラウザだと文字が小さくなってしまったりします。デバイスによるパーソナライズをしていくには、レスポンシブデザインが良いでしょう。

 

このように、パーソナライゼーションは非常に複雑です。「販促アプリ開発パッケージのPiece」(https://jokapi.jp/)では、ユーザーのデータをもとに、新しいサービスを作り出していけます。「Piece」はユーザーの好みに合わせて、さまざまな機能を搭載することが可能です。

 

パーソナライゼーションは、ユーザーのWEB観覧履歴、購入履歴などから、ユーザーの好みや特性を絞りだしていきます。ユーザーの好みや、その時求めている情報や商品を提供することが消費、また次の諸費意欲につながります。

 

アプリ制作にはカスタム性の高いパッケージ 「piece」をぜひ検討してみてください。

追加参照https://mtame.jp/marketing_foundation/global_trends_02

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。