投稿日:

パーソナライゼーションとペルソナとは?アプリ制作ではターゲティング選定を!

カラフルな5人

 

「アプリの導入を検討しているがまずなにをすればいいかわからない。」

こんな悩みを抱えていませんか。

 

近年はアプリを導入する企業や店舗が増えてきています。

というのもアプリにはプッシュ通知やクーポン配布など多くの機能が多く備わりユーザーも便利かつお得に買い物が可能になったのではないでしょうか。

 

そんなアプリの検討をしている方が最初にぶつかる壁は

「まずなにをすべきか」です。

 

答えは簡単です。

目的を明確化し「最適なターゲティングを行う」ことです。

 

そこで今回はターゲットの選定についてパーソナライゼーションペルソナなど実際の事例を交えてご紹介します。

アプリの制作でターゲットの絞り込みに躓いた際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ターゲット選定の重要性

purposeの画像

 

そもそもアプリを制作するうえで目的とどこの層に向けてなのか、いわゆる「ターゲット」が決まらない限り話は進みません。

 

アプリの開発目的が明確でなかったり、アプリのターゲットが絞られていなかったりする場合、誰のためのアプリかわからなくなってしまいます。

 

ターゲットを絞るために、まずはユーザーの年齢、年収、性別、職業、趣向などをリサーチしましょう。

こうすれば、そのジャンルや趣向に興味をもったユーザーを集めやすくなるだけでなく、機能や操作性も最適化しやすく、ユーザーのニーズを捉えやすくなります

 

そしてここで重要なのはアプリの目的とターゲットの共有を行うことです。

 

アプリの開発は経営者や、一部のプロジェクトの人員にだけしか情報を共有できていない場合も少なくありません。

 

アプリを開発する上で難しいことは、社内の様々な意見の食い違いによって途中で目的がブレてしまうことです。

このようなブレを無くすためには、まずはアプリ制作の目的を明確化し、「誰のために」「何のために」を全員に共有をしておくこと、議論が行き詰まったら、始めの目的に立ち返ることが大切です。

 

【番外編】

 

近年は、日本人だけでなく、外国人にも利用されているスマートフォンアプリは多くあります。

母国語だけに限らず 多言語対応が可能であれば、海外の方も導入しやすくなるでしょう。

日本でも英語のアプリを使っているユーザー数は多くいますので、アプリの内容によっては将来的に国外でのリリースも検討していくのもいいですね。

 

 

このように、ターゲットの選定は非常に重要です。

「販促アプリ開発パッケージのPiece」では、ユーザーのデータをもとに、新しいアプリを作り出していけます。

プロのアプリ開発会社の弊社であれば、膨大なデータからターゲットを選定し分析することでそユーザーの好みに近づけることが可能です。

そしてニーズに合うさまざまな機能を搭載することで長く愛されるアプリにしていきましょう。

今なら初期費用が0円で導入することができるのでこの機会をお見逃しなく。

 

資料請求はこちら。

 

 

パーソナライゼーションとリコメンデーション

日本地図と人間

 

そのターゲットを絞るために今回はパーソナライゼーションリコメンデーションをご紹介します。

 

パーソナライゼーションとは個々に向けたコンテンツの提供を行うことができます。
多種多様な顧客に対して画一的な接し方をするのではなく、個々の顧客のニーズや関心、行動までも分析します。
他にもレコメンデーションがあり、この「レコメンド」とは勧める・推薦することです。

 

マーケティングにおいてはユーザーの閲覧履歴や購買履歴をアルゴリズムで解析、分析し、ユーザーに適した情報を提示することです。

 

これらは類似していますが厳密には異なります。

 

パーソナライゼーションは一人一人の顧客のデータから個別化をして情報を提示するものである一方でリコメンデーションは必ずしも個別化されているとは限りません。

ユーザーの行動に対して一定のルールをを設けてコンテンツの最適化に取り組んでいるからです。

 

リコメンデーションの身近な代表的なケースでは、Amazonの“あなたへのおすすめ”ではないでしょうか。

 

自分の好きなジャンルの本を紹介してくれたり、気になっている本のタイムセール情報を提供してくれたりしますよね。

本来であれば、自分で時間をかけて調べる必要がありますが情報過多の現代では、自分が好きなものや欲しいものをみつけることが非常に困難です。

 

しかし、リコメンデーションにより、ユーザーは手間をかけることなく自分と親和性高い商品や情報を得ることができるのです。

 

これらのことからわかるようにパーソナライゼーション行うことで結果的にユーザーとの結びつきを強め、エンゲージメントやロイヤリティの拡大も期待できます。

またユーザー側にとっても、パーソナライゼーションによって、利便性が高くなるというメリットが得られるでしょう。

 

 

ペルソナマーケティング

ターゲット

 

より具体的にターゲットを決めるときやパーソナライズするときに役立つのがペルソナの選定です。

 

ペルソナ(Persona)とは、元は仮面という意味の言葉ですが、そこから人格や架空の人物という意味に派生します。

 

マーケティングの世界では、消費者像(ユーザー像)という意味で使われ、

年齢、性別、出身、趣味、年収、仕事、などを細かく設定し実際に存在しているかのような消費者像のことをペルソナと言います。

 

この架空の消費者像に対して刺さる商品の開発、プロモーションを行うことが『ペルソナマーケティング』です。

 

ペルソナマーケティングでは、詳細な設定がされた消費者像(ペルソナ)を想定して商品開発やプロモーション活動を行ないますが、実はそのペルソナだけでなく他の多くの人の心に刺さる商品やプロモーションになるという考え方があります。

 

ちなみに、ペルソナマーケティング以外にもニッチマーケティングなどありますが、それはまた違うものです。

 

 

 

ペルソナの具体例とメリット

 

ではペルソナとは具体的にどういったものなのか、表にしてみました。

 

性別女性
年齢22歳
性格おっとりしているが周りの目を気にしてしまうことがある。(大学生になってから周りがおしゃれになったなぁ・・・。)
職業都内大学4年生
家族構成父・母・弟・犬
住まい都内で一人暮らし
趣味カフェ巡り・写真撮影・ファッション
よく使うSNS/サイトLINE・instagram・twitter・zozotown・愛犬のためのペット用品サイト

 

これはほんの一例ですが、このように設定したペルソナ目線でのアプリの開発を進めていくとよいでしょう。

 

そしてペルソナを考えるメリットは主に2つあります。

 

1.イメージの共有が可能

 

年齢や性別、仕事を層で分けるマーケティング手法では、詳細なイメージを共有しにくい傾向があります。

しかし、ペルソナマーケティングでは、詳細な消費者像を設定するのでメンバー同士で同じ消費者像を共有することができます。

メンバーとの情報共有ができることで、商品開発・マーケティング活動をスムーズに行うことができます。

 

 

2.市場を絞ったマーケティング活動が可能

 

大企業のように大量に製品を製造し大きく広告を打ち出し一気に売る(マスマーケティング )のような手法は、中小企業や個人事業主では無理があります。

ですがペルソナマーケティングを行うことで小さな市場に一点集中して事業を行うことができ、小さい市場とはいえ高いシェア率をもつことができるでしょう。

 

【ペルソナの応用編】カスタマージャーニー

細かく決定したペルソナを利用してユーザーがどのようにサービスや商品と関わり、購買に至るのか理想的なフローを描くことができます。

これをカスタマージャーニーといいます。

カスタマージャーニーの選定で戦略が決まるというより戦略を検討するうえでの課題を把握することができます。

注意点としては、これを作ることを目的にしてはいけないということです。

カスタマージャーニーはあくまで「手段」であるのでコミュニケーションを役立てるのに便利ですね。

 

 

ペルソナマーケティングを活用した実例

 

では実際にこのペルソナマーケティングの成功例をみていきましょう。

 

カルビー

カルビー/ジャガビー

お菓子で有名なカルビーはジャガビーの発売にあたり『20~30代の独身女性』というペルソナを設定し見事成功しました。

 

「文京区に住むおしゃれな20~30代の独身女性」の部屋においてあっても違和感がないようなパッケージにし、カルビーの商品サイトにはターゲット層の部屋をイメージしたデザインをほどこしたりと徹底的にペルソナに向けてマーケティングを行ないました。

 

ジャガビーの全国展開後、あまりの人気に生産が追いつかず、中四国、九州、沖縄で3週間の販売中止に追い込まれました。

 

「じゃがりこ」以来の大ヒット商品となっています。

自己流「ペルソナ」で大ヒット商品生み出す「ジャガビー」の最重要顧客は文京区在住の27歳独身女性

 

アサヒビール

アサヒビール

アサヒビールは、定量的なデータを分析と2000人の消費者インタビューによって

「年収900万円の44歳の自営業者で、家族は1歳下の妻と長男16歳、長女13歳の4人家族で都内在住」というペルソナを設定しました。

 

それ以外にも30代をターゲットにしたペルソナなども作成されたそうです。

 

そのペルソナの基本的な属性から性格や価値観といった内面までを一枚の紙にまとめた結果、冷えた発泡酒をイメージさせる商品名とパッケージに行き着いたそうです。

結果、2009年3月発売開始から6月末までに296万箱(1箱大瓶20本)を販売し大成功を収めました。

 

「クールドラフト」ヒットの裏にペルソナあり  30代と40代の定番ユーザー像を作って感情移入

 

 

まとめ

スケッチの画像

いかがでしたか。

この記事ではアプリ開発を成功させるためには、それが誰のためのものなのかターゲット像を絞ることが重要であることがわかりました。

また、よりリアルなターゲット像を作るためにはパーソナライゼーション、ペルソナを活用することが大切ですが、それが全くの妄想で作られたものだとマーケティングは成功しません。

ペルソナの基本や応用を理解し、しっかりと活用することでマーケティングは初めて成功するのです。

 

この記事を参考にして、より効果の高い販促アプリの開発と導入を目指してください。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。