投稿日:

オムニチャネルの戦略を強化するアプリの重要性や成功事例をご紹介!

「実店舗とECサイトのデータを統合して、ユーザの購買データをさらに詳しく分析したい」

「もっと多くのチャネルでユーザーと接点を持ち、購入数を増やしたい」

「ユーザーに適したタイミングでクーポンやオススメの商品の紹介を行いたい」

などの要望や課題を抱えている小売店の方や事業者の方も多いことと思います。

 

ユーザーにとっても、必要な時に必要な情報を提供してもらえるのは非常に有り難く、購買行動にも繋がりやすくなります。

 

今回は、ユーザーにとって必要な時に必要な情報を届けるオムニチャネルの戦略について解説します。オムニ戦略の中でのアプリの重要性・特徴的な機能、アプリを活用した成功事例をご紹介します。

 

オムニチャネルを推進するための戦略アプリって?

 

オムニチャネル戦略とは、ユーザーがどこにいようとユーザーの必要な時に必要な場所で情報を提供し、スムーズに購入できるようにすることです。

ユーザーは、SNS、ホームページ、アプリで情報収集を行い、購入は実店舗やECサイトで行うといった購買行動が考えられます。

 

「SNS」「ホームページ」「アプリ」「実店舗」「ECサイト」の5つのチャネルでユーザーと接点を持ち、それぞれのタイミングでユーザーにとって響くであろう情報を提供することで、自分が購入したいと思ったタイミングで商品を購入することができます。

 

つまり、「ユーザーの必要な時にチャネルに適した情報を提供し、購買行動に繋げること」がオムニチャネルを推進していくことに繋がります。

 

オムニチャネルを推進するための戦略アプリは、4つ特徴的な機能が挙げられます。

 

1.会員証の機能

実店舗とECサイトの会員情報を一元化し、ユーザーの購買履歴を管理することができます。

故に、アプリからオススメの商品の紹介を行うことができ、よりユーザーに興味を持ってもらえそうな情報を提供することが可能です。

 

2.SNSとの連携

Twitter、Facebook、Instagramなどの各種SNSで発信していた情報をアプリ内に集約することで、ユーザーが情報収集を行いやすくなります。

 

3.検索機能とチャット機能

アプリ内と実店舗それぞれの検索機能、アプリ内のチャット機能は自分が情報を知りたい際に、すぐに調べることが可能です。

 

4.プッシュ通知

セール情報やクーポン、おすすめの商品情報など、ユーザーに興味を持って、商品の購買意欲を喚起することができ、ユーザーにいつ・どの場所においても接点を持つことができる機能になっています。

 

以上の4つが、オムニチャネルを推進するための戦略アプリの特徴的な機能です。

 

オムニチャネル戦略アプリの必要性

 

なぜオムニチャネル戦略を設計したアプリが必要になるのでしょうか。

現在、たくさんの店舗や商品が市場に溢れており、ユーザーに認知されないと購入してもらうことができません。

 

また、一度購入してくださったお客さんに再度自社の商品の情報を提供することで再度興味を持ってもらえる確率が高くなり、リピートしてくれることもあります。

 

そのため、ユーザーにとって適切なチャネルで良い情報・必要な情報を提供することでユーザーの満足度が高くなり、結果的に売上も高くなるため、オムニチャネル戦略アプリが必要になります。

 

他にも、

・実店舗とECサイトの購買データの融合性によってユーザーに良い情報を届けやすくなること

・分散している情報をアプリに統一することで、ユーザーのストレスや自社のコストを削減すること

・ECサイトなどのオンライン注文をし、商品の受け取りを店舗で行えるようにすること

などのメリットもあり、ユーザーにとっても事業者にとってもオムニチャネル戦略アプリは必要なものといえます。

 

アプリのオムニチャネル戦略の成功事例~メガネスーパー~

 

メガネスーパーは、スマートフォンアプリを活用することでECサイトの売上を上げることができたオムニチャネル戦略の成功例の1つです。

 

メガネスーパーは、コンタクトをそのまま注文することができるアプリが有名で、シンプルかつ使いやすいアプリということでユーザーに評価されています。

 

ユーザーの購買行動のコンタクト購入個数やコンタクトの使用期限などから、コンタクトの買い替え時が近づくとお知らせを送る機能を実装しており、ユーザーに適切なタイミングで接点を持つことができています。

 

他にも、アプリから一度コンタクトを購入すると、履歴から何度も追加購入ができるため、非常に簡単で便利なアプリになっています。

 

今回は、オムニチャネルを推進する戦略アプリの概要や、アプリの必要性、成功事例をご紹介しました。

 

アプリを活用することは、事業者はもちろんユーザーにとっても欲しい時に欲しい場所で情報を手に入れることができるため、双方にとってメリットが大きいものです。

 

ぜひ、ユーザーに必要な時に必要な情報を提供し、使いやすく注文しやすいアプリの導入を考えてみてはどうでしょうか。

Pieceでもオムニチャネルの戦略において重要なアプリを導入することが可能です。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。