投稿日:

O2O!?店舗とWebを連動させるアプリの効果を成功事例と合わせて紹介

スマホやタブレットが一般的になり、普及率が上がるにつれてECサイトで商品を購入する方が増えてきています。 インターネット上で、大多数の商品が購入できるので、実店舗への来店が減り、 店舗の売り上げが下がってしまうことを懸念するケースもあります。

そこで期待されているのが、O2O(Online to Offline)アプリです。 実店舗とWebを連動させることで、集客と売り上げを両立させる働きがあります。
O2Oアプリの特徴やメリット、さらには成功した実例などを紹介していきましょう。

Webと店舗を連動することのメリット

Webと実店舗を連動させることには、大きなメリットがあります。 連動させることで、実店舗の売り上げが下がることはありません。 アプリと店舗を相互活用することで、相乗効果によって売り上げの向上を図るのです。

実店舗への来店を促せる

・ポイントの連動

ポイントが連動していると、ユーザーとしては利用しやすくなります。 もし実店舗とアプリなどから購入する場合でポイントが異なるのであれば、2つのチャンネルでポイントが溜まります。 結果として、同じお店なのにポイントが溜まりにくいという現象になり、ユーザーの購入意欲がそがれてしまうのがデメリットです。

ポイントが連動していたり、購入履歴が見られたりすると、以前に買った商品を検索して、似たような商品を探すのも容易になります。 実店舗で、以前購入した物の類似商品を探すことができれば、利用しやすくなります。

・クーポンなどで来店促進

アプリにクーポンや通知を送ることで、来店を促進することができます。 サイトや広告を閲覧してもらえれば良いのですが、いつでも気付いてもらえるわけではありません。 しかしアプリの通知があれば、セールやクーポンのお得情報をユーザーに届けて、来店を促すことが可能です。

・実店舗受け取り

アプリから購入したいものの、留守にしがちで配達業者とタイミングが合わないということも多いでしょう。 その場合に、アプリから購入後、実店舗での受け取りが選択できると非常に利便性が向上します。

既に多くの企業が、店舗受け取りを選択できるようにし、実店舗とアプリなどのWebとの連動を強めています。

一人一人の顧客に合わせて情報発信できる

別のメリットとして、顧客の情報を元として、有益な情報が発信しやすいという事が挙げられます。
アプリの機能の一つには、「プッシュ通知」というものがあります。 「プッシュ通知」は、店舗からの案内を表示させる機能の事です。

好きなタイミングで指定した文章や写真を通知し、ユーザーがアプリを開くのを促します。 全員に送信するのではなく、女性や学生など、特定のユーザーに向けて通知することもできるので、より購入を促進しやすくなります。

アプリ利用者のみのセール通知も、非常に開封率が高くなります。プッシュ通知は、より顧客に合わせた情報発信に効果的な方法です。

Webと店舗を連動させた事例

多くの企業が、Webと店舗を連動させていますが、実際に成功した例を見ていきましょう。 新しくWebと店舗を連動させるのに参考になる点が見つかるでしょう。

WEAR

WEARの特徴となる点は、商品のバーコードをスキャンすると、商品の価格やコーディネート例を見ることができるという点。 その場で購入しなくても、自宅でじっくり考えて、ZOZOTOWNなどで購入することもできるというシステムになっています。
店頭で商品を確認し、購入はECサイトに促すという、まさにWebと店舗の連動を実践しているシステムになります。 購入したアイテムをアプリで管理できたり、ECサイトと連携していたりと、ユーザーの利便性が考えられているアプリです。

ユニクロ

ユニクロは、AIがユーザーに合った買い物のアドバイスをしてくれる「UNIQLO IQ」が大きな特徴となります。 売り上げランキングから、人気の商品を紹介してくれたり、 おすすめのコーディネートや、トレンドワードからマッチした商品を見ることができたりします。
チャットボットによるやり取りをすることや、リアルタイムで在庫確認ができたりするのも、これまでのアプリとの違いです。 RFIDタグを採用し、商品一つ一つのデータを観察できるシステムを作り、ユーザーが実店舗に来店しやすい環境を整えています。 ユニクロが送信している時間限定のクーポンなども、来店を促進するのに有効な方法です。

ニトリ

ニトリのアプリには、店舗で買えなかった商品のバーコードを使って、ECかアプリで購入する機能「ショールーミング」があります。 ショールーミングができるので、ユーザーは手ぶらでショッピングを楽しむことができます。
実店舗ではレジに並ぶ必要がなくなり、利便性の向上から売り上げの向上効果があります。 持ち運びの手間もかからずに、ユーザーが安い価格で購入することができるのが、ショールーミングのメリットです。

まとめ

Webと店舗を連動させることで、来店数が減少するのではなく、向上させることができるのです。 もちろんそのためには、O2Oにぴったりの連動アプリを作成する必要があります。

もしWebと店舗を連動させたアプリを作りたいなら「PIECE」がおすすめです。
ECサイトとの連動や、クーポンや広告を配信することができ、アプリから店舗への来店を促進する機能が装備されています。

アプリを活用して、ユーザーの購入意欲を高める通知をすることは、実店舗の売り上げ向上に役立つことでしょう。 アプリの機能を最大限に活用することがおすすめです。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。