投稿日:

クーポンの利用率はどれくらい?アプリでクーポンを活用しよう!

クーポンは、顧客に購買意欲をあげることができるだけでなく、顧客の満足度を高めることのできるツールです。

特に、企業アプリで配信するクーポンは、身近で毎日活用しているスマートフォンの中に届くことからも、ユーザーとしては活用しやすく、購買につながりやすいことが特徴です。

実は、アプリでクーポンを配信することのメリットはこれだけではなく、他にもいくつものメリットがあるのです。

そこで今回は、アプリでクーポンを配信することでどれくらいの人々に影響を与えられるのか、またアプリでクーポンを出すことのメリットとはどのようなものがあるのか、アプリでのクーポンをより活用するための手段についてご紹介します。

 

クーポン配信することでどれくらいの人の心を動かせる?

 

まず、クーポンをアプリなどで配信することによって、どの程度の人の意識を変えることができるのかをご存知でしょうか。

モバイルマーケティングデータ研究所の行った調査によると、クーポンによる消費者の購入・申込の影響度は約80%となっています。

 

このように、非常に高い割合になっていることからも分かる通り、賢い消費者ほど少しでもお得に店舗利用をしたいと考えています。

クーポンがあるから購入しよう、店に行こうと考える消費者に向けて、アプリでクーポンを配信することが大切なのです。

 

クーポンをアプリで出すことのメリットは?

 

クーポンには紙媒体のものなどもありますが、アプリで出すことのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、ユーザーとしてはとにかく使い勝手が良く手間がかからないということが挙げられます。

アプリであれば、チラシなどからクーポンをハサミで切り取る手間がかかってしまったり、そのクーポンを財布に入れ忘れたり、持ってくるのを忘れたりすることがありません。

 

また、意図してクーポンを探したりもらいにいったりしなくても、普段から持ち歩いているスマートフォンの中にクーポンが届くというのも、利用しやすいと感じる点でしょう。

画面を見せるだけでクーポンが使用できるというのも、紙のクーポンを選んで出す手間がなく使い勝手が良い点です。

 

企業側のメリットとしては、クーポンをきっかけにしてアプリのダウンロードを促すことができ、顧客の囲い込みに有効だという点が挙げられます。

一度ダウンロードして貰えば、アプリの場合はプッシュ通知を活用することで、ユーザーがどこにいてもいつでもクーポンの配布をお知らせすることができます。

 

そして、アプリをダウンロードしてくれたユーザーに対して、目に留まりやすく届けやすい形で配信できるので、ユーザーのクーポン利用率を高めることにもつながります。

 

また、アプリのクーポンの場合は顧客の分析などがしやすいというメリットもあります。

デジタルで管理されることになるので、顧客の情報と結びつけて分析ができるのです。

 

アプリでのクーポンをもっと活用するために

 

こうしたメリットを十分に活かすためには、ただクーポンを取り入れるだけではいけません。

本当に顧客にとって使いやすいと感じるアプリにするためには、いくつもかのポイントをおさえる必要があります。

では、アプリで配信するクーポンをより活用するためには、どのような視点を持てば良いのでしょうか。

 

まず1つ目に、プッシュ通知を出すタイミングを考えることが必要です。

プッシュ通知を出す時間帯がクーポンを使おうと感じるタイミングとずれていれば、クーポンの存在を忘れられてしまうかもしれません。

ビーコンなどを使用して、お店の近くにいるときにクーポンを配信することで、その場ですぐに反応してもらえるようにするのも有用な方法の1つです。

 

次に、クーポンの種類を考えることも大切です。

新規のお客様向けのクーポンや、規定の値段以上の購入で割引をするクーポン、お誕生月の方に配信するクーポンなど、種類はさまざまです。

どういった種類のクーポンを配信するかを明確にすることで、より消費者が「お得だから使おう」と感じられるクーポンになるかが決まります。

 

また、アプリをポイントカードとしても使えることも非常にプラスに働きます。

複数の店のポイントカードを所有することは、物理的に財布を圧迫することにもなり、負担がかかってしまいます。

 

その点、常に携帯して持ち歩いているスマートフォンの中にポイントカードが入っていれば、その使い勝手の良さからリピートしてくれるユーザーの増加につながります。

 

実際にこうしたアプリを用いたクーポンの成功事例として、GUのクーポンがあります。

 

GUの場合は、アプリをダウンロードしているだけで割引された会員特別価格で購入が可能になります。

 

また、購入時に溜まったポイントをクーポンに交換することもでき、さらに割引価格でお得に購入できる仕組みで顧客を集めています。

それだけでなく、アプリの特別企画として参加者にクーポンを配布するといった取り組みも行なっています。

 

このように、ただクーポンを配布するだけでなく、アプリを上手く活用することで売り上げを伸ばすことが可能なのです。

 

アプリのクーポンの利用率についてご紹介してきました。クーポンや会員ポイントなど、うまく活用できると販売促進に繋がります。

弊社では、クーポンを配信できる企業アプリの開発を行っています。

是非アプリの開発をお考えなら「Piece」へお問い合わせください。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。