パッケージアプリ開発のデメリットは「カスタマイズ」で解決できる!?
新サービス Piece Crown

パッケージアプリ開発のデメリットは「カスタマイズ」で解決できる!?

チェックボックスの画像

パッケージアプリについてお調べですね。

一から独自のアプリを開発するよりも開発コストを抑えられる一方、「既存の機能が決まり切っていて使いにくいんじゃないの?」といった懸念もあるのではないでしょうか。

実は、パッケージアプリのデメリットは、「カスタマイズ」をうまく使うことで解決できるのです。

そこで今回は、パッケージアプリのメリット・デメリットとパッケージアプリのカスタマイズが必要になる場面について解説していきます。

この記事を読んで、パッケージアプリまたはカスタマイズしたアプリの導入を検討する際の参考にしてください。

 

改めて確認!アプリ開発2つの手法

チェックボックスの画像

自社の業務改善や効率化などを図ったり、業績アップのためにアプリケーションの導入を考える場合、下記2つの方法があります。

販売されているパッケージアプリを購入して利用する方法
・独自のアプリを一から開発する方法

独自のアプリを開発したほうが良いケースもありますが、パッケージアプリを購入した方が良いケースの方が多いです。

わざわざ一から開発しなくても、ある程度機能の整っているパッケージアプリを利用した方がコストも抑えられるためです。

それでは、パッケージアプリを使った方がいいケースについて、メリットと合わせて見ていきましょう。

 

パッケージアプリ開発のメリットとは?

Goodの画像

パッケージアプリのメリットは大きく2つあります。

・品質が安定している
・使いやすく設計されている
・開発コストを抑えられる

パッケージ化されているということは、言い換えると誰にでも使えるようになっているということです。

高い技術がなくても必要な機能はそろっているため、十分に使うことができます。

パッケージアプリが利用されるのは、たとえば通販アプリやメディアアプリ、在庫管理、販売管理、会計処理などのアプリが挙げられます。

これらの業務においては、会社によって大きく業務内容が異なるということは少ないです。

そのため、パッケージアプリを利用することで一から開発するより費用や時間を抑えられます。

 

パッケージアプリ開発のデメリットは?

悲しい様子

このようにパッケージには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

それは下記の2点です。

・業務フローの変更による手間が発生する
・独自性を出すことができない

詳しく見ていきましょう。

 

業務フローの変更による手間が発生する

パッケージアプリでの運用方法に合わせて業務フローを変更してしまうと、手間と時間がかかってしまいます。

パッケージアプリのメリットだけを見て、現場の状況を把握せずに導入を進めてしまうケースです。

その結果、日々の業務が回らない状態になりパッケージアプリの導入および業務の標準化業績アップに失敗してしまいます。

盲目に業務効率化を進めるだけではなく、事前に現場と導入スケジュールをすり合わせることが大切です。

 

独自性を出すことができない

パッケージアプリによる業務の標準化をはかれますが、それゆえに自社の独自性を出すことが難しくなります

今まで運用していた独自の業務や手法のおかげで納期の短縮、高品質のサービスや商品を提供していた部分が消えてしまいかねません。

パッケージアプリを導入する際には、会社の業務フローを丹念に見てから導入を検討する必要があります。

業務運用や品質管理における独自性が発揮できないと、他社に負けてしまう可能性も十分考えられます。

そのような問題点を回避するための方法として、パッケージアプリに必要な機能を追加する「カスタマイズ」を利用しましょう。

 

パッケージを「カスタマイズ」するとほとんどの問題は解消する!

市販のパッケージアプリはある程度「カスタマイズ」することが可能です。

カスタマイズの最大のメリットは、パッケージアプリで業務を標準化でき、かつ独自性を残せる点です。

このことから、必要な機能やこだわりたい部分をカスタマイズするのが、費用や時間も抑えられるのでおすすめです。

特に、自社の業種が特殊でパッケージアプリでは不十分な部分についてはカスタマイズで対応しなければなりません。

市販のパッケージアプリに必要な機能を追加するカスタマイズですが、注意しなければいけないこともあります。

 

カスタマイズの際はコストが増えすぎないよう注意

一からアプリを開発するよりは負担は少ないのですが、カスタマイズも場合によっては大きなコストがかかります。

たとえば、パッケージアプリに搭載されていないような複雑な機能を実装する場合、機能追加のための予算や時間などコストがかってしまいます。

この点は注意しておく必要があるでしょう。

 

独自アプリを利用した方がいいケース

注意

ここまでパッケージアプリについてお伝えしてきましたが、一方で独自のアプリを一から開発した方がよいケースもあります。

  • 特殊な業種で既存のアプリで対応できない
  • 技術的なレベルは高くなくとも新しいアプローチが必要

といった場合などです。

逆に言ってしまえば、これらのような明確な理由がない限りはパッケージ化されたアプリを導入すると良いでしょう。

独自アプリの開発については下記の記事で詳しく説明しているので、ご覧ください。

基本的にパッケージアプリで対応ができ、必要な機能がない場合には追加することで対応できます。

余計な時間とお金を使うことなく事業を進められることが、パッケージアプリを利用するメリットです。

 

まとめ

パッケージアプリのカスタマイズのメリットは、標準化できるところはそのままで、独自性を出したい部分だけ機能の追加で対応ができる点です。

ただし、前述した通りカスタマイズにはコストが発生してしまいます。

あっちもこっちもカスタマイズしてはコストが青天井に高くなってしまいます。

どうしてもここだけはこだわりたいという部分だけカスタマイズするようにしましょう。

おすすめのパッケージアプリは“Piece”

Piece

当社では、こだわりたい部分だけを細かく切り出して、開発コストを抑えつつ機能を充実させたいというニーズに応えたカスタマイズパッケージアプリを提供しています。

当社が提供するPieceは、基本機能は無料で、管理画面の利用料だけでアプリの制作が可能です。

また必要に応じて機能を追加するスタイル(有料)のため、無駄な費用をかけることがありません

パッケージアプリのカスタマイズは費用や時間を抑えつつ独自性も保てます。

一から開発するまでも無いけれど、少しこの機能が欲しいという場合には良い選択肢です。

さまざまな業種のアプリ開発に対応できるため、興味を持った方は下記から詳細をご覧ください。

Pieceの詳細を確認する