投稿日:

【具体例あり】アプリケーションとソフトウェアの違いとは?

私たちの生活を便利なものにしてくれているパソコンやスマートフォン。パソコンやスマホの中で様々な機能を使えるようにしているのがアプリソフトウェアというものです。ここでは、よく聞くアプリやソフトウェアが実際にどういうものなのか、具体例としてどんなものがあるのかご紹介していきます。

よく聞くアプリ、ソフトウェアとは?

アプリソフトウェアとは?

アプリケーションソフトウェアというのが正式名称で、ワープロや表計算を行なうといった目的に応じてコンピューターのプログラムを応用(アプリケーション)したソフトウェアのことです。基本的には特定の企業や組織によって作られています。似たような言葉として『アプリケーションプログラム』という言葉がありますが、意味はアプリソフトウェアとほとんど同じです。

アプリケーションもソフトウェアというくくりの中にあるもの

コンピューターのシステム上で何らかの処理を行なうプログラムのことを【ソフトウェア】といいますが、ソフトウェアには大きく『システムソフトウェア』と『アプリケーションソフトウェア』の2つがあります。

『システムソフトウェア』は、コンピューター自体を制御するオペレーティングシステム(OS)を指す言葉です。OSの代表的なものの具体例としてはWindows、Mac OS、iOS、Linux、Android。OSの機能としては、キーボードから入力した文字が画面に表示される、マウスやタッチパッドを操作すると操作している位置が画面に表示されるといったものがあります。

こうした基本的な機能はOSによって使えるようになっているので、アプリソフトウェアを作る際に組み込む必要はありません。

『アプリケーションソフトウェア』は、OS以外のソフトウェアを指していて、数えきれないほどの種類が存在します。代表的なものとしてはワープロや表計算、画像編集のソフトウェアがありますが、他にも経営や会計を管理するためのビジネスソフトウエア、娯楽を目的としたゲームソフトウェアなどがあります。「OS以外のソフトウェアがアプリソフトウェア」と覚えておくとシンプルです。

アプリとソフトウェアの違いは?

スマートフォンが普及し始めてから『アプリ』という言葉も広く知られるようになりました。一般的にアプリという言葉はスマホ用アプリケーションソフトウェアという意味で使われています。
アプリとソフトウェアの違いを一言でいうと「カテゴリーが違う」ということです。ソフトウェアにはシステムソフトウェア、アプリケーションソフトウェアの2つがあり、それぞれにパソコン用・スマホ用のソフトウェアがあります。
この中で『アプリ』をカテゴリー分けするとスマホ用のアプリケーションソフトウェアというくくりになります。

アプリソフトウェアの具体例

アプリソフトウェアの具体例をご紹介していきます。

仕事効率化に使用されるスマホアプリ

ノート・メモアプリ:「メモは手書きが一番」という方もまだ多いかとも思いますが、スマホでノート・メモアプリを使うようになると必要な情報をすぐに見つけられるようになるといったメリットを享受することができます。

名刺管理アプリ:名刺をスマホで撮影するだけで正確な情報を保存することができるアプリソフトウェアもあります。特定の名前や会社名を入力して検索すると必要な情報にすぐアクセスすることが可能です。

コミュニケーションアプリ

社内でのやり取りをよりスムーズにするために使われるのが、通話機能・チャット機能・ファイル共有機能などがあるアプリソフトウェアです。アプリによっては外部サービスとの連携機能が充実しているものもあります。

レシート会計処理システムやWordやExcelもアプリソフトウェア

レシート会計処理システム:スマホでレシートを撮影することで「日付」「金額」「電話番号」などを読み取って自動的に仕訳を作成してくれるアプリソフトウェアです。2017年の改正電子帳簿保存法によってスマホで撮影したレシートデータも正規の申請書類として利用できるようになったため、今後この分野でのアプリソフトウェア開発競争が激しくなっていく予想ができます。

WordやExcel:マイクロソフトのアプリソフトウェアの代表格がWordとExcelです。ちなみにマイクロソフトのOSがWindows 10、8、7、Vista、XPなどです。

ゲームや時計の機能などもアプリソフトウェア

OSに付属しているゲームや時計の機能、さらにはカレンダーや計算機、睡眠サプリなどもアプリソフトウェアです。スマホやタブレットを持っている方であれば趣味に応じて旅行会社のアプリや写真加工のアプリ、グルメ関係のアプリを多くダウンロードしているかもしれませんね。

アプリソフトウェアについてご紹介しました。簡単に説明すると、アプリソフトウェアはOS以外のソフトウェアのことを指します。ここで挙げた具体例からアプリソフトウェアを使ってどんなことができるのか理解していただけたのではないでしょうか?いろんな種類のアプリソフトウェアがあるので、ぜひニーズに合わせたものを使用しましょう。アプリソフトウェアの開発を行うならPieceを。

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。