投稿日:

『SDGs 』スタンプカード・ポイントカード・会員証をデジタル化し環境保護活動に取り組もう

  

本記事では、企業が環境対策を求められる理由について解説します。

 

企業が環境対策を求められるようになった背景

まず最初に、企業がなぜ環境対策に取り組むことが求められるようになったのか、そのきっかけについて解説します。

戦後、ヨーロッパやアメリカ、日本などの国は経済的に豊かな国を目指して大規模な工業化を進めていきました。

その結果、工場からの公害などが原因で健康被害などの問題が起きるようになりました。

 

そんな問題を解決するために、企業は環境保護対策を講じることが求められるようになりました。。

その後は、世界規模で二酸化炭素削減や海洋汚染対策などが目標として掲げられるようになり、製造業以外の業種も環境保護対策を積極的に行うようになりました。

 

企業が環境対策に積極的に取り組むメリット

1:企業への信頼度・評判が上がる

企業が環境対策に取り組む最大のメリットは「顧客や地域住民からの信頼度・評判の向上」にあるでしょう。

 

もし、自社の事業が環境に対して負荷を与えるものならば、社会に対するある種の責任として環境保護の姿勢を見せる必要があるでしょう。

それが、企業のイメージに大きな影響を与えます。

 

素晴らしい商品なら売れる、安ければ売れる。

ある程度はそうでしょうが、商品やサービスが飽和し、環境意識が高まっている近年では、環境に対する配慮をしているかどうかという点も購入のきっかけになります。

 

環境に優しいペットボトルや再利用可能な紙製品などが競合他社との差別化を図る強みになっていることは間違いありません。

また、企業のイメージの良さは求人募集などにも良い影響を与えるでしょう。

 

2:新規事業が生まれる可能性がある

環境保護の活動の中で、新たなビジネスが誕生する可能性があります。

上記でも説明していますが、世界規模で環境保護への取り組みが積極的に行われており、消費者の環境意識も高くなっています。

 

だからこそ、そこにビジネスのチャンスがあり。

新たな事業のきっかけになるアイデアに溢れているでしょう。

 

事実、環境に優しいという特徴を売りにするサービスや商品は近年増えてきています。

SDGsにも環境対策の目標が掲げられている

「SDGs(エスディージーズ)」とは、持続可能な開発目標のことで、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で決められた国際社会共通の目標です。

具体的には、。貧困、不平等、気候変動、環境劣化、平和、公正など、世界全体が抱える問題を解決を目指します。

 

そんなSDGs(持続可能な開発目標)の中にも、下記のような自然保護の目標が掲げられています。

 

目標 13 気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

目標 14 海洋と海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する

目標 15 森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、なら びに生物多様性損失の阻止を図る

 

紙の資源の使用を減らす対策

陸の豊かさを守るために紙の使用を減らすことは非常に重要な意味を持ちます。

印刷物により、環境を破壊することにストップをかけるためにも、ポイントカード・スタンプカードをPiece Point Card に変えてみましょう。

 

世の中には、スタンプカードやポイントカード、会員証などの印刷物で溢れています。

世界の進歩とともに、物資は豊になりましたが、地球環境は悪化しています。

 

現在は、第4次産業革命として情報革命が勧められ、あらゆるものが電子化し、スマホにおさまるかたちに姿を変えています。

この記事もスマホやPCで見られていることでしょう。

 

印刷物を減らすことは、地球規模で見れば小さなことかもしれませんが、それでも多くの企業が今から環境対策に取り組むことが未来の世界にとっては重要なことです。

まずは、無料のPiece Point Card で環境保護活動に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。