投稿日:

会員証アプリ開発はメリットが多い!導入の事例は?

会員にポイントを付与するために、ポイントカードに代わって、企業での導入が増えているのが会員証アプリ。アプリ開発を考えるなら、会員証アプリも選択肢の1つです。なぜ会員証アプリが増えてきているのか、そのメリットと事例を紹介します。

 

会員証アプリのメリットとは?

会員証アプリを取り入れて利益が得られるのは、企業側だけではありません。顧客である個人にもメリットがあります。会員証アプリを取り入れる前に、それぞれのメリットを知りましょう。

 

■ユーザー側のメリット

これまで会員証といえば、カード式のものもよく見られましたが、カード式ではなくスマートフォンのアプリで会員証が表示できるものが増えてきています。

 

会員証アプリを利用するユーザーのメリットとしては、まずカードを持ち歩かないことでしょう。カードを持ち歩かなければ財布の中のお札とかさばることがありません。また、常にスマートフォンを持ち歩けば利用できるので、カードを忘れたり、なくしたりを心配しなくて済みます。

 

会員証アプリの中には、貯まったポイントを確認できるものや、通販アプリとのセットでポイントをそのまま利用できるものもあるので、ユーザーにとっても利便性が高いアプリだといえるでしょう。

 

■企業側のメリット

会員証アプリのメリットは、まず顧客の管理が楽になることです。ユーザーが行なうシステム上の操作などシンプルなので、店側でする作業が減ります。また、普段ポイントカードを作らないユーザーを取り込めるのもポイントです。

 

ポイントカードを作らないユーザーの中には、カードを増やしたくない人もいます。会員証アプリのメリットを伝えれば、利用してくれる人も増えるでしょう。

 

そしてもう1つ重要なのが、顧客にセール情報などを簡単に送れることです。たとえば、アプリのプッシュ通知を利用すれば、顧客の中からターゲットを設定して、ターゲットが利用してみたくなるような内容を送ることもできます。

 

会員証アプリの事例とは?

実際に企業では、会員証としてアプリを利用する以外に、どのような使われ方をしているのでしょうか。ニトリとJAF、TSUTAYAの3つの事例をみていきましょう。

 

■ニトリの会員証アプリ

ニトリでは、会員証とポイント確認機能を持たせたアプリがあります。ただ、会員証としての機能だけでは利用されない可能性もあるので、いくつかの付加価値をつけているのがポイントです。

 

まず、店舗で見たものをネットで頼める「手ぶらdeショッピング」が使えること。店舗で見つけてほしいと思っても、大きさ次第では持ち帰れないものもあります。店舗でバーコードをスキャンするだけで使えるお手軽さはうれしいです。

 

また会員証と紐づけたことで利用できる保証サービスもニトリ会員証アプリの魅力。通常保証を受けるにはレシートなどが必要ですが、アプリを利用すればレシートや保証書をなくしてもサービスを受けられます。この他にも過去の購入のサイズがわかる機能などいろいろと便利です。

ニトリ公式スマートフォンアプリ

 

■JAFのデジタル会員証アプリ

ロードサービスを展開しているJAFも公式のアプリがあります。通常JAFを利用する場合、カードによる会員証が必要ですが、会員証アプリを持っていればアプリの会員証を見せるだけでサービスが利用可能です。車を運転中突然の故障に見舞われて、カードを持っていないときでも安心。

 

さらにメールや電話でロードサービスを呼べるほか、GPS機能が備わっているので面倒な場所の説明をしなくてもある程度は近場に来てもらえます。

JAFデジタル会員証

 

■Tポイントの会員証

TSUTAYAで馴染みのTポイントも、会員証アプリを展開しています。TSUTAYAの会員証としてそのまま利用できるのがポイント。アプリでは、残りポイント数や使用履歴、Tカードの番号がわかります。TSUTAYA以外にもTポイントと提携しているお店はあるので、ビジネススタイルの1つとして考えてみてもよいでしょう。

 

主な機能はポイントの確認、Tモールの利用、ポイントの獲得、プレゼントです。ポイントサイトのような側面もあります。ただし、Tポイントカードとしてそのまま使えない点には注意しましょう。

Tポイントカードアプリ

せっかくアプリ会員証を作ってもダウンロードがなければ意味がない!

ここまで、会員証アプリのメリットと事例を紹介してきましたが、使ってもらわないことには意味がありません。ユーザーに会員証アプリを利用してもらうための工夫をいくつか紹介します。

 

■店頭ですすめる

直接的なのは店頭です。従業員に対して、顧客にアプリのダウンロードを進めるよう教育したり、ポップを作成したりする方法があります。従業員に教育する場合は、トークの流れや利用を促すタイミングをしっかり決めて指導することが大切です。

 

またスタッフ間でダウンロード獲得数を競わせ、成績優秀者には表彰をするといった方法も効果的でしょう。

 

■チラシやメルマガなど媒体を使う

チラシやメルマガなど既存の媒体でアピールする方法もあります。アピールの際には、必ずアプリに繋がるように、ダウンロード用URLまたはQRコードを載せておくことが大切。アプリをダウンロードするメリットについてもしっかり記載しておきましょう。

 

■ダウンロードキャンペーンを実施する

店舗でのダウンロード促進、メルマガなどの活用と合わせて考えたいのが、初回ダウンロードキャンペーン。お得なクーポンやポイントの付与など、目玉があればダウンロードしてもらいやすくなります。

 

■アプリストアで上位に来るようにする

他には、ダウンロード先のアプリストアで上位に表示させ、アピールするのも方法です。アプリストアで上位に表示させる方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

会員証アプリの開発はさまざまなメリットがあります。ただ、はじめてのアプリでどうやって導入してよいかわからない企業の方もいることでしょう。アプリ開発をてがけるPieceなら会員証アプリ開発も可能なので、ぜひご利用を検討ください。

 

 

■ 失敗しないアプリ開発のために

アプリ開発虎の巻無料プレゼント実施中

アプリを作る目的を明確にせずになんとなくアプリを開発してしまっては、大きな予算をかけてアプリ開発を行っても思ったような成果を得ることはできません。
アプリ開発で失敗しないための、始める前に知っておくべき情報・目的を明確にするためのステップを「アプリ開発虎の巻」を公開中!
販促アプリ開発に大いに役立ててください。

■ まずは資料請求!

先ずは資料請求

JokerPieceでアプリ発注をした際に弊社でできることや、過去の制作例、実績など資料にてご覧いただけます。販促アプリのPieceを受託するだけでなく、よりクライアント様に最適なプラン提案をしながら共に作り上げていく開発スタイルを得意としております。またITエンジニア支援、教育訓練事業も行なっております。